名前の言霊が導く相性占いの秘訣

名前と生年月日の入力で当たる無料相性占いはココだ!

1番当たる相性占いはココ!

占い

名前の言霊が導く相性占いの秘訣

占いをするときに、生年月日と同じくらい大切になるのが「名前」です。
姓名判断という占術があるほど、その人の名前にはパワーがあるのです。

相性占いでも、名前だけで占えるものがたくさんありますよね。
ひらがな、漢字、ローマ字など、占いの種類によって使い分けます。

姓名判断は画数で占うので漢字が鉄則ですが、西洋占術はローマ字を使うことが多いです。
ひらがなやローマ字で相性を占う場合は「言霊」を意識していると考えて良いと思います。

どういうことかというと、名前をひとつの言葉として捉えているのです。
綴りもそうですが、母音で相性を占うことが多く、音の響きで判断している傾向があります。

ですから、生年月日占いや、星座占い、四柱推命などとは、一線を画す占い方法だと思って良いですね。
ある意味、少しスピリチュアルな観点からの占いで、バランス感覚を重視したものだと思います。

生まれたときから呼ばれている名前には、その人の宿命や運勢を表す「音」が含まれているもの。
無意識に、性格や人生に影響を与えていることがあります。

自分と相手の名前に宿る「言霊」のバランスは、相性を判断する大きなポイントになるでしょう。

相性が悪いと、どうしても音に濁りが生じるのです。
楽器でいえば「不協和音」という感じですね。

いくら合わせようとしても、なかなかキレイな音がでないのです。
歌や楽器なら、微調整しながら努力して、音色を美しくすることもできます。

ただ、名前の場合は簡単に変えることができないので、相性がストレートにでやすいのかもしれません。

なかには、母音の数を計算して、どんどん割っていって、最後にでた数字が相性度という占い方法もあります。
ですが、名前の母音も、あくまでも数ではなく「音」です。

数々の楽器を合わせて交響曲の演奏をするときに、計算は使いませんよね。
大切なのは心に響くメロディーであり、フィーリングです。

何をどうすれば良いという理屈ではなくて、名前を続けて詠んだときの、響きが合っていれば相性も良いと判断します。
この場合は、占い師のセンスも関わってくるので、一概に相性の良し悪しを決めることはできません。

でも、名前の響きからその人のイメージを感じることも、立派な占い方法です。
言霊占いとして、ネット上にもたくさんありますから、相性占いをするときには試してください。

名前は一生変わらないものですから、相性占いとしては信憑性が高いと思いますよ。

QLOOKアクセス解析