基本的で簡単な星座占いをベースにして相性占いをする方法

名前と生年月日の入力で当たる無料相性占いはココだ!

1番当たる相性占いはココ!

占い

基本的で簡単な星座占いをベースにして相性占いをする方法

あなたは誰かとの相性を占うときに、どの占術を選ぶでしょうか?
おそらく、よく当たると口コミで人気のあるものか、もともと自分が好きなものを選ぶでしょうね。


占術はどれでも良いのです。
自分のフィーリングに合ったものがベストですから。


一般的に相性占いで人気があるのは「星座占い、生年月日占い、血液型占い」のようですね。
これらは、当たるか当たらないかで意見が分かれますが、根拠がまったくない占いではありません。


誰も否定できないし、的中率が一定しているので、定評があるのでしょう。
なので、相性占いをするときは、この3種類の占術を使う人が多いようです。


1種類ずつ分けて占う人もいれば、組み合わせて占う人もいます。
組み合わせたほうが、よく当たるという意見もありますから。


相手の情報をどれだけ知っているかにもよりますが、星座占いをベースにして占うパターンが増えています。


生年月日が分かれば、どの星座なのか分かりますよね。
ですが逆に、星座から生年月日を知ることはできません。


気になっている人に「生年月日はいつですか?」なんて聞きづらいですよね?
でも「○月生まれですか?」と聞けば、それほど堅苦しい感じはありません。


聞かれたほうも、反射的に答えやすいと思います。
何月生まれかさえ分かれば、星座が分かるので、相性占いがしやすくなります。


そういう理由で、星座占いで相性を占う人が多いのだと思います。


親しくなれば、生年月日が分かり、血液型も分かる場合があります。
そこまで知ることができれば、かなり正確な相性占いができるでしょう。


それから、星座占いは「○○座×△△座」という占い方の他にも、もっと深く相性を占うことができます。
エレメントといって、ホロスコープで星座を読むときの重要なポイントになるものを使うのです。


12星座を「火、水、土、風」の4種類に分けて、どこに属しているかで相性を占えるのです。
この相性はかなり当たるようで、そちらもチェックしておいたほうが良いと思いますよ。


できれば生年月日も、午前中が午後か、どちらの時間帯に生まれたのかが分かると良いです。
より正確な結果が得られると思います。


このように、星座占いを基にして、生年月日と血液型を組み合わせて相性占いをすると、的中率が高くなります。
情報が多いほど、結果が当たりやすくなるので、さり気なく聞いてみると良いでしょう。
QLOOKアクセス解析